過去の失敗から自毛植毛が生まれた

安全に髪の毛を発毛させたり増毛させたりできる手術方法とはいったい何なのでしょうか。

AGA治療に関する情報をまとめました。

例えば、今まで考案されてきた手術の中には人間が意図的に作り出した人工毛髪による植毛方法がありました。



しかし、近年ではこうした人工毛髪による植毛手術は人体に対して大きな害を与えると考えられていて、手術そのものが全面的に禁止されてしまっている側面があります。
実際に手術をした人の中には人工的に作られた毛髪の影響によって過剰な頭皮の防衛機能が働いて頭皮に余計なダメージを与えてしまうケースが相次ぎました。

エキサイトニュース情報の失敗しない選び方を紹介します。

それだけではなく、手術がうまくいったとしても劣化して近い将来で脱毛してしまう人工毛髪は、毛根から抜け落ちるのではなく途中から切れて落ちてしまうケースも多く、毛根部分だけが頭皮の中に残ってしまうという事態も起こっていたのです。

人工毛髪が頭皮に残ると、その部分にウイルスや雑菌が入って化のうしたり延焼したりしたので、頭皮の状況がより悪化してしまうという事態が発生しました。


このような経緯があったことから、二度とこうしたことが起こらないように極めて安全な手術方法として自毛を利用した自毛植毛という手段が考えられたのです。

ただ、自毛植毛に関しても手術を行うことが可能な対象はいわゆるAGAの患者に限定されている側面はあります。AGAの患者ならば自毛植毛によって脱毛の問題を根本的に解決できるので、クリニックで相談すると良いでしょう。