人工毛髪による植毛の現在

自毛植毛による手術が主流になった近年では、人工毛髪を利用した手術はもはや時代遅れになっています。事実、アメリカなどの医療先進国では人工毛髪を利用した頭皮に対する移植手術は全面的に禁止されており、この手術をすることで増毛をすることはもはやできません。



日本国内でも、男性型脱毛症などの特殊な薄毛の症状を治療するための治療法としては最もランクの低い治療法として学会から発表されているくらいなので、人工毛髪に関する治療法はカツラなどを利用した方法に完全に移行しています。

からきゅれが気になる方はこちらへご来訪下さい。

ただ、人工毛髪による植毛手術がすべてなくなったのかと言えば、そうではありません。

人工毛髪による手術の中でも、特に直接的に頭皮に対して接着させない方法に関しては着々と技術力を高めています。
例えば、近年では頭皮が蒸れてしまうカツラを利用せずに残っている髪の毛に直接的に結びつけて、髪の毛が多くあるように見せることが可能な技術が発達しています。



残っている髪の毛に結び付けるだけならば、人工毛髪による余計な頭皮に対する副作用もありませんし、安全に植毛することが可能です。

また、費用を限りなく小さくすることができるというメリットもあります。


人工毛髪を残っている髪の毛と結びつけるだけならば、自毛植毛のように一つ一つ丁寧に頭皮と定着させる必要性はありませんので、わずか数万円と言う費用で増毛することが可能です。そのため、近年ではこうした植毛手術が消費者に人気を集めています。