患者の髪を利用して植毛できる

なぜ髪の毛には髪の毛が抜けやすい部分とそうではない部分があるのでしょうか。

これは、植毛手術をするときには必ず知っておかなくてはいけません。

特に、自毛植毛をする際には髪の毛が抜けにくい部分を使って手術をすることになりますので、患者本人が理解できていないと術後の経過に支障をきたすことになります。



髪の毛の脱毛作用が存在する部分とそうではない部分の違いは、脱毛を引き起こす物質への耐性が存在するかしないのかで説明することができます。


植毛手術が必要になるほどの薄毛の症状は、男性型脱毛症と呼ばれており、この症状を発症させると髪の毛に対して脱毛を引き起こす物質が働くことになります。

この脱毛作用を引き起こす物質は頭部に存在する男性ホルモン受容体という部分と結合することで脱毛作用を引き起こしますので、頭部にこの物質が存在すると比較的若い年齢であっても薄毛の症状に悩まされてしまうことになります。



そして、この男性ホルモン受容体が存在しない部分を利用することによって、近年の脱毛手術というのは実現させることができるわけです。
男性ホルモン受容体は、頭頂部や前頭部の部分に多く存在し、逆に側頭部や後頭部にはほとんど存在しません。そのため、この部分を移植用のドナーとして利用することによって、抜けない発毛を実現することができるわけです。

毎日新聞情報をお教えします。

実際に、手術に成功するとその部分から男性ホルモン受容体が存在しない髪の毛が成長を始めることになりますので、これによって今後薄毛に悩まされることもなくなります。